• ysbodyclub

夏バテを防ぐ

夏本番🌞 暑い日が続くと、疲れが抜けない、食欲がない、病気ではないのに身体の

不調が続く…『夏バテ』

まだまだ続く暑さ、しっかり対策をとり乗り切りましょう!



<原因と症状>


暑さが元となる『夏バテ』の主な原因


 ・体内の水分、ミネラル不足 → 脱水症状

 ・食欲の低下 → 栄養不足

 ・室内外の温度差 → 自律神経の乱れ


寝苦しさによる睡眠不足も自律神経の乱れの原因となります

内臓や血管などの働きをコントロールする自律神経が乱れると、体内環境を調整する機能が

上手くいかなくなり、疲労感やだるさ、胃腸の不調といった症状を招きます


また脳の温度は、暑い屋外でも涼しい室内でも約37度になるよう自律神経によって一定に

保たれています。特に夏は体温調節のために自律神経が働き、その自律神経を司るのは脳自体です。そのため、脳がエネルギーを使い過ぎ疲労してしまうことも『夏バテ』の原因だと

言われています



<夏バテを防ぐ生活習慣>


⭐︎ こまめな水分補給


 厚生労働省の資料によると、普通の生活でも毎日2.5Lの水分が身体から失われているそう

 です。熱中症予防のためにも、水やミネラルが含まれる麦茶をこまめに飲みましょう

 特に起床時や入浴前後は水分補給を!


 ※糖質の多い清涼飲料水の飲みすぎは糖質の分解にビタミンB1を消費してしまうため、

 だるさを感じやすくなります

 

⭐︎温度差や身体の冷やし過ぎに注意


 外気温との温度差や身体の冷やし過ぎは自律神経の乱れの原因となります

 エアコンの風が直に当たらないよう、冷えを感じたら衣類や膝掛けなどで調節を

 冷たい飲み物のとりすぎは胃腸に負担をかけやすく、身体の冷えの原因にもなります


⭐︎しっかり睡眠

 

 暑くて眠れない方も多いと思いますが、心身の疲労回復や自律神経の乱れを整え

 体調を改善させるために睡眠は不可欠です

 適切な時間で質の良い睡眠を確保しましょう

 夜間に十分確保できない場合は20分程度の昼寝で補うようにしてみましょう



⭐︎栄養バランス


 発汗でミネラルを失いがちな身体はたっぷりの栄養が必要です

 少量でも多くの品目を摂取できるよう気を配りましょう

 この時期特に必要な栄養素は次の通りです


 タンパク質:肉類、魚介類、豆類、卵、乳製品など(血や肉となる)

 ビタミンB1:豚肉、うなぎ、玄米など(糖質をエネルギーに変え疲れにくくする)

 アリシン :にんにく、玉ねぎ (ビタミンB1の吸収を高める)

 ビタミンB12:レバー、貝(脳の機能や神経の働きを正常に保つ)

 ビタミンC :果物、野菜(コラーゲンや胆汁酸の合成をする、不足すると疲れやすく

             なったり、風邪をひきやすくなる)

 


⭐︎適度な運動


 適度な運動は生活にリズムをつけ、自律神経の働きを整える効果があります

 またストレス解消や食欲増進にも有効です

 しっかり呼吸をし心肺機能、筋肉を使うことが体力アップにもつながります

 暑い時季は朝晩の日差しが弱く涼しい時間帯に、体調に合わせて軽い運動を習慣に

 ※室内でできる簡単な運動も色々とあります!タイプ別にご案内いたしますので

  ご相談、ご質問はお気軽にどうぞ

       


高温多湿の夏を避けることは難しいですが、自分に合った『夏バテ予防法』を取り入れ

夏を楽しみましょう♪



Instagramでも色々な情報を載せておりますので是非ご覧下さい

https://www.instagram.com/ybctokyo/?hl=ja



LINE@でもお得な情報をお送りしますので是非ご登録下さい





77回の閲覧

THE CLINIC

​東京都目黒区祐天寺2-8-3-101

 

Email: ysbodyclub@ybctokyo.com

 

Tel: 03-6755-0944

Opening Hours:

 

Mon - Fri: 10:ooam - 7:00pm 

​​

Sat & Sun: 10:00am - 3:00pm ​

 

Wednesday : Closed

CONTACT

  • ブラックInstagramのアイコン
  • ブラックFacebookのアイコン
  • Twitterの - 灰色の円