• ysbodyclub

床生活と腰痛

床や畳に長時間座ると腰が痛くなる。

腰への負担は立っている時より座っている時の方が大きいと言われます。

今回は床に座る時(フローリングや畳など椅子ではなく直に座る場合)、

腰の負担にならない座り方や姿勢のついてです。

床への座り方は色々とありますが、腰や体への影響にも違いがあります。


・正座

 一番腰の負担にならない座り方

 正座をすることで骨盤が正しい位置に納まるので、腰への負担は軽くなります

 ※膝に負担がかかるため、膝痛の方は長時間の正座に気をつけて下さい


・あぐら

 自然と上半身が前のめりになるので、気がつかないうちに腰に負担がかかります。

 腰だけでなく股関節にも負担がかかるので、下半身の骨盤がずれやすくなります


・体育座り

 最も腰痛になりやすい座り方

 体育座りは猫背を更に前倒した座り方になり、椎間板に負担がかかりやすくなります

 更に両膝を抱えるように丸くなって座ると、体に無理な負担がかかり肩こりも発症

 してしまいます

 ※体育座りをしなければならない場合、お腹を反るように座れば負担は少し軽くなります


・横座り

 自然と体が斜めになるので腰に大きな負担がかかります。また、無意識に同じ方向に

 足を崩すクセがつくので、骨盤の歪みも慢性化し腰痛の原因となります

 ※足の血流も悪くなるので、なるべく避けましょう


・長座

 長時間の長座は股関節に負担をかけ腰痛の原因となります

 柔軟性があるか、ストレッチをしない限り、大腿直筋などが緊張し股関節が痛くなって

 しまいます


腰に負担をかけないためには、床に直に座るより椅子に座る方がおすすめです。

椅子は床に座るより腰にかかる力が分散され、負担の少ない姿勢をとりやすいからです。

椅子に座る時は、背もたれから体が離れるほど姿勢が悪くなるので、深く腰掛け

前傾姿勢にならないよう、背筋を伸ばしなるべく骨盤を立てることを意識しましょう。


143回の閲覧

THE CLINIC

​東京都目黒区祐天寺2-8-3-101

 

Email: ysbodyclub@ybctokyo.com

 

Tel: 03-6755-0944

Opening Hours:

 

Mon - Fri: 10:ooam - 7:00pm 

​​

Sat & Sun: 10:00am - 3:00pm ​

 

Wednesday : Closed

CONTACT

  • ブラックInstagramのアイコン
  • ブラックFacebookのアイコン
  • Twitterの - 灰色の円