• ysbodyclub

冷房病

夏は大量に汗をかく季節🌻暑さで体力を消耗し夏バテ気味の方も多いかと思いますが、

一方で、冷房の効いた室内で快適に過ごしエアコンに頼る生活が健康を害する引き金に

なることも…

夏バテ、熱中症だけでなく『冷房病』にもご注意を


冷房病は『冷え過ぎ』と『温度差』によって起こります

冷気に当たり続けると体が冷え過ぎ、体温を一定に保とうとして血管は収縮しますが

対応しきれなくなると全身に不調をきたします。

一般に体温調節が適切に行われる温度差は5度以内と言われていますが、最近では外気温が

35度以上まで上昇することも多く、温度差も5度以上になる場合も多いと思います。

その為、自律神経が正常に働かず体温調節が上手く出来なくなり様々な症状があらわれます。



<症状>


・血液循環が悪くなり疲労物質がたまり、肩こりや頭痛、足腰の冷え、腰痛、神経痛

 を引き起こす

・代謝が悪くなる為、むくみ、疲れやだるさが起こる

・免疫力が低下しウイルスなどの攻撃に弱くなり風邪を引きやすくなる

・ストレスが溜まり不眠の原因にもなる



<対策>


⭐︎ 服装や環境

  冷房の効いた場所に長時間いる場合、薄着をせず上着を羽織る、厚手の靴下を履く、

  膝掛けを使うなど調節をし、冷風が直接肌に当たらないよう送風の向きにも注意

しましょう。


⭐︎ 運動

  長時間同一姿勢の作業は避け、仕事中でも1時間に一度位はストレッチや軽い屈伸運動

  をし、足先の血流を促すよう心がけましょう。

  また、発汗は体温調節に重要な役割を果たしているので、軽く汗をかくような運動を

日頃から行うことも『冷房病予防』に効果があります。


⭐︎ 入浴

暑い季節はサッとシャワーで済ませる方が多いと思いますが、シャワーには血管を広げ

  体を温める効果は期待できません。ぬるめのお湯でゆっくり半身浴をすると徐々に血管

  が広がり体が温まります。足湯をするだけでも効果があります。


⭐︎ 食事

  朝食を抜くと冷房病になりやすいと言われています。規則正しい食生活、バランスの

  良い食事を心がけ、食欲のない時は香辛料を上手く活用しましょう。 


⭐︎ 規則正しい生活

夏季休暇などで生活のリズムが乱れがちですが、生活リズムと体のリズムがずれると

  自律神経のバランスも乱れます。規則正しい生活を心がけ、睡眠を充分にとり疲れを

  持ち越さないようにしましょう。



当院でもギックリ腰や寝違い、下半身の冷えが原因の不調などの症状で来院される方が、

年間を通してこの時期に多いです。寒い時期に多いと思われがちですが意外にも…

冷房病は放置すると徐々に悪化します。健康のためにも冷やし過ぎにはご注意を!




Instagramでも色々な情報を載せておりますので是非ご覧ください


https://www.instagram.com/ybctokyo/



LINE@でもお得な情報をお送りしますので是非ご登録ください






137回の閲覧

THE CLINIC

​東京都目黒区祐天寺2-8-3-101

 

Email: ysbodyclub@ybctokyo.com

 

Tel: 03-6755-0944

Opening Hours:

 

Mon - Fri: 10:ooam - 7:00pm 

​​

Sat & Sun: 10:00am - 3:00pm ​

 

Wednesday : Closed

CONTACT

  • ブラックInstagramのアイコン
  • ブラックFacebookのアイコン
  • Twitterの - 灰色の円